ホーム

会社案内

会社沿革

会社沿革

ユキワ精工 会社概要
昭和21年11月
創業者 酒巻岩雄が酒巻鉄工所を創業。製材機を製作
昭和24年05月
麻真田編機を製作
昭和26年04月
ドリルチャックの専門製作に転換
昭和26年06月
法人に改組、株式会社酒巻製作所を設立
昭和32年10月
全国ユキワ会(代理店組織)発足
昭和32年12月
携帯電気ドリル用チャックのJIS標示許可を取得
昭和37年03月
コレットチャックの製作開始
昭和38年10月
工作機械用ドリルチャックのJIS標示許可を取得
昭和40年02月
東京営業所を開設
昭和40年05月
タップチャックを開発
昭和41年09月
手動型割出台(単能割出台)を開発
昭和42年11月
電動型自動割出台「DEA型」を開発
昭和43年07月
川口工場を新設
昭和45年07月
キーレスドリルチャックの製作開始
昭和46年09月
クイックチャックを開発
昭和47年09月
大阪営業所を開設
昭和50年08月
タップホルダを開発
昭和51年06月
NCロータリーテーブルを開発
昭和53年11月
ホビー用ドリルチャックの製作開始
昭和55年08月
有限会社厚和精機を設立
昭和57年01月
ドリルミルチャックを開発
昭和58年05月
二面拘束ツーリング「TQCホルダ」を開発
昭和58年08月
貝之沢工場を新設
昭和59年03月
ドリルチャックがスペースシャトル「チャレンジャー号」に搭載され、船外作業に使用される
昭和59年10月
貝之沢工場を増設
NCカップリング、割出円テーブルを開発
昭和61年12月
ペンシルミルチャックを開発
昭和62年09月
CNC円テーブル「SNCシリーズ」を開発
昭和63年04月
酒巻岩雄が会長へ就任、酒巻和男が社長へ就任
昭和63年12月
充電式電気ドリル用キーレスドリルチャックを開発
平成元年11月
社名をユキワ精工株式会社に改称
平成02年03月
新潟県経済振興賞受賞
平成02年08月
私募債を発行
平成03年08月
新本社工場竣工
平成03年09月
YUKIWA SEIKO U.S.A.,INC.をノースカロライナ州に設立
平成04年03月
株式会社ユキワインターナショナルを設立
平成05年05月
名古屋営業所を開設
平成06年03月
高精度ツーリング「スーパーG1チャック」を開発
平成07年11月
CNC円テーブル「YNCシリーズ」を開発
平成08年09月
貝之沢工場を増設
平成09年08月
ISO9001 認証取得
平成11年02月
ニュードリルミルチャックを開発
平成11年07月
ポータブル電気ドリル用オールメタルスリーブキーレスチャックを開発
平成11年10月
シュリンクホルダを開発
平成12年01月
絶対値方式のCNC円テーブル用コントローラ「BC1」を開発
平成12年02月
ロック機構付きキーレスドリルチャックが、 日本発明振興協会「松原発明功労賞」受賞
平成12年11月
新潟県知事表彰「技術賞」受賞
CNC傾斜円テーブル「TNTシリーズ」を開発
平成13年04月
「工業用チャックの開発」で文部科学大臣賞を受賞
平成14年05月
貝之沢工場を増設
平成15年01月
CNC円テーブル「JNCシリーズ」を開発
平成15年03月
東京営業所移転
CNC円テーブル用コントローラ「AC3」を開発
平成15年12月
ISO14001 認証取得
平成16年09月
ダイレクトドライブCNC円テーブルを開発
平成16年10月
新潟県中越地震により被災
平成17年01月
高精度ツーリング「ハイブリッドG1チャック」を開発
平成18年08月
ISO9001 2000年度版の認証取得
平成20年04月
ドリルチャック新JISマーク表示制度の認証取得
平成20年05月
「長年に渡り研究開発に精励」で社長酒巻和男が黄綬褒章を受章
平成20年11月
日本雪和精工株式会社上海代表処を設立
平成21年08月
ISO9001 2008年度版の認証取得
平成21年12月
経済産業省「雇用創出企業1400社」に選出
平成22年06月
創業者 酒巻岩雄が逝去
平成23年08月
高剛性ツーリング「グリーンG1チャック」を開発
平成24年10月
グリーンG1チャックが、日本デザイン振興会主催による「グッドデザイン賞」を受賞、 同時に「グッドデザイン・ベスト100」に選出
平成24年11月
グリーンG1チャックが、グッドデザイン・ものづくりデザイン賞(中小企業庁長官賞)を受賞
平成25年11月
オールステンレス製ドリルチャックを開発
平成26年07月
手動コレットチャック Aシリーズ、Bシリーズを開発
平成26年12月
本社第二工場竣工
平成27年05月
新潟地区QCサークル発表会にて「薩摩白波」サークルが新潟県知事賞を受賞